免疫力を高める

ビンとサプリ

癌は医学的には悪性腫瘍と呼ばれるものです。
人間の身体は約60兆個の細胞からなっていますが、細胞は新陳代謝により絶えず入れ替わっています。
しかし、このサイクルから逸脱して異常に増殖する細胞するのががん細胞です。
この細胞は、周りの正常な細胞の組織に侵入したり、血管やリンパ管を通り身体中に転移し増殖する性質があります。
この病気が発症する理由はさまざまですが、ひとつには発がん性物質の摂取や晒されることで発生する場合もありますし、加齢や体質などにより免疫力の低下が原因となる場合があります。
予防のためには発がん性物質の摂取や晒される環境から離れる一方で、発がんしないように免疫力を高めることが重要になります。
抗癌作用のあるとされる健康補助食品の多くはこの免疫力を高める成分を多く含んでいます。

発がん性のあるものとしては、タバコがよく代表に挙げられますが、そのほかにも一般の食品として摂取しているものにも発がん性物資を含んでいます。
また発がん性物質そのものが含まれていなくても、摂取することで体内で合成される場合もあります。
また高脂肪や低繊維の食事では、胆汁酸の代謝異常を介して大腸がんを促進すると言われますし、食塩の摂り過ぎは、胃がんの促進因子になると言われます。
一方で、βカロチンやビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類は発がんを抑制すると言われています。
一般にはバランスのとれた食事をすることが重要とされるのはこの点です。
しかし、良いとされる栄養素を毎日摂取するのは大変で、これらを補助するものが健康補助食品に多く含まれています。

抗がんサプリメントの種類は、がん予防を主眼に置いたものと免疫力を高めるものの2種類に分かれます。
予防に使われるサプリメントは発がんを抑えるのに有効とされる成分を多く含んだものが中心になります。
一方で免疫力を高めるものは、免疫細胞の働きを高める成分を含んだものが中心になります。
市販されているものの分類としては、免疫増強作用、抗酸化作用、新生血管阻害作用、アポトーシス誘導作用、腸内環境改善作用、栄養補充・体調改善の5種類に分かれます。
体調を整えるものは一般の健康補助食品と変わりなく普段から摂取していても特に問題にはなりませんが、免疫力を高める効果があるものなどは場合によっては、薬の作用を阻害する可能性もあり、病院などで治療中の場合の摂取には注意が必要です。

オススメリンク

癌に関することならこちら|癌の転移について知るためのサイト

ナース

経済的にも負担が少ない

一口に健康補助食品と言っても、様々な種類のものがありますし、その値段にも大きな幅があります。
ただし、健康保険の適用を受けることができませんので、一般的に値段が高いというイメージを抱いている人が多いです。
確かに物によ...Read more

工夫が必要となる

勤務先の定期健康診断などで早期癌を発見されて、治療を受けるようになるケースがよくあります。
発見が早ければ早いほど完治できる確率が高くなりますので、定期的な健康チェックは欠かすことができません。
悪性の細胞が特定部位の...Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年5月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031